導入実績

スマートコンバート 対応事例

image description

ぴあ株式会社

事業概要:ライブ・エンタテイメント関連事業、メディア・コンテンツ事業

ディレクション / デザイン / スマートコンバート / マークアップ

スマホサイト売上2倍、勝てるECサイトの秘訣 チケット販売の大手企業が立てたスマホ戦略と実現への道

ぴあ株式会社1

チケット販売、ぴあ株式会社が「チケットぴあ スマートフォンサイト」を2012年6月にスマートフォン端末からの閲覧者へ対応すべく、バージョンアップ。スマートフォン端末での閲覧性・操作性の向上によって売上を2倍に伸ばすことに成功した。その際、導入したのが〈スマートコンバート〉だ。

なぜ、スマートコンバートを選んだのか、スマートフォン対応させたことによる効果はどうだったのか。その理由を、同社のウェブサービスグループシステム開発ユニット兼アライアンスグループ第二ユニット長の山中伸浩氏にインタビューした。

スマホで、ユーザーエクスペリエンスを拡充。

ウェブサービスグループシステム開発ユニット兼アライアンスグループ第二ユニット長 山中 伸浩 氏 ウェブサービスグループシステム開発ユニット兼アライアンスグループ第二ユニット長
山中 伸浩 氏

2011年11月に、チケット購入など一部サービスのみ利用できる「チケットぴあ スマートフォンサイト」を自社で作りスタートさせたぴあ。「このサイトの提供サービスを拡充する際、スマホ独自のリッチなコンテンツを提供する時流を鑑み、時代遅れにならないものにしたいと考えていました。他社はモバイルサイトをスマホサイトとして表示させる簡易的なサイトばかりです。私たちはせっかく時間と資源を投入するなら、お客様が快適にチケットを購入できるようスマホへの最適化を図りたいと判断しました」と山中氏。

新しく、より便利なユーザーエクスペリエンスを提供するために、新しいデザインや機能が構築できる〈スマートコンバート〉を選んだという。

自由度の高さでユーザビリティを向上、次のステップへ

ぴあ株式会社3

〈スマートコンバート〉は、スマホサイトのUI設計・デザインを行ったテンプレートにPCサイトの表示情報をマッピングさせる事が可能だ。この点について山中氏は、「通常のコンバートの場合だと、パソコンやモバイルの元々のソースに引きずられてしまい、スマホらしいUIの設計を行うことができません。しかし、スマートコンバートの場合、自由度の高い画面設計とデザインが可能で、スマホだけのユーザーインタフェースも加えられます。これによりユーザビリティと利便性の高いサイトができるので、ECとしてより競争力の高いサービスへとステップアップできます」と手応えを語ってくれた。

導入期間に関しては、「作業開始からオープンまでの期間はとても短いものでした。印象としては、自社で同じような作業を行うスピードの10分の1程ではないでしょうか。アイスリーデザインはデザイナーとWebプログラマーが共同で作業をする企業なので、それぞれの作業や意図に齟齬が生じず進行がスムーズでしたね」

売上が2倍に!アクセス数もアップして好調のスタート

ぴあ株式会社4

スマートコンバートを用いたリニューアル後、売上に変化があったと山中氏が教えてくれた。「リニューアル前はチケット販売などの一部は以前から自社で作ったスマホサイトで行っていましたが、リニューアル後は、スマホからの売上げは2倍に成長。ページビューも5~10%ほどアップして、現在とても好調です。お客様がどこへアクセスするかのデバイス予想は、当初スマホが3割でしたが、将来的には5割ほどになると予想しています」

それだけの効果があったのなら、システムへの負荷も高くなったと考えられるが、その辺りは問題なかったのだろうか。
「チケット販売は人気チケットが販売される土日にピークがあります。平日の何十倍ものアクセスへ対応できるシステムが不可欠。集中アクセスがあっても、サイトの稼働への問題や、予期しないエラーが起こったことはまだありません。元々の基幹システムに問題が無ければ、問題なくコンバートできます。インフラがクラウド上にあるため、スマートフォンサイト自体のインフラ構築の手間が掛からないのもいいですね」と話す。

お客様からのリアクションについては「お客様からの問い合わせもほぼありません。それはサイトがスムーズに使えている証拠だと思います」と、順調な様子を語ってくれた。

適正コストで導入、運用ができる。

ぴあ株式会社5

コスト面はどんなビジネスにおいても重要な要素。「費用もかなり適正に抑えられていたと思います。保守の費用が高いシステム会社もありますが、スマートコンバートにはそれがない」と山中氏は評価をする。

「チケットは販売までの期間やファンの動向など、急な対応を迫られる、いわば『生もの』です。スケジュールの管理は難しいですが、スタッフにやる気があり、粘り強く対応してもらえるのもよかったです。今後は、スマホならではの機能、例えばGPSとの連動がサイトでできたりと、便利な機能が増えていけばいいなと思います」

同社の期待にどうアイスリーデザインが応えていくか、今後が非常に楽しみだ。