ピーチジョン

行きつけのお店を気軽にチェックするように
気持ちよく商品を購入できるECサイトへ

レディースランジェリーを中心とした通販会社である株式会社ピーチ・ジョンは、カタログやECサイトを中心とした通販事業のほか、店舗での取り扱いも拡大しており、全国30以上の店舗で商品を購入することができる(2015年7月現在)。 2012年8月のスマホサイトリニューアルの際に、i3DESIGNのSMARTCONVERTを採用。その後、flamingoに移行した。スマホからのアクセスが過半数を占める同社のECサイトにとって、flamingoにはどんな価値があるのか、その理由を通販部部長の安住祐一氏、システム管理担当部長の前田浩一氏の2名にお話を伺った。

gomobile flamingo メイン gomobile flamingo メイン gomobile flamingo メイン
gomobile flamingo 安住祐一氏 gomobile flamingo 安住祐一氏 営業本部通販部部長の安住祐一氏

スマホならではの
使い勝手の良さを実現するためにflamingoを選択

早くからスマホファーストの考えを取り入れてきた株式会社ピーチ・ジョンにあって、開発プラットフォームを考えるうえでのポイントはスマホでの対応力と表現力であったと安住氏は説明する。

「PCサイトをスマホ向けに変換するサービスの中で、SSLやオンライン決済に対応できるなどのメリットからSMARTCONVERTを選びました。その後flamingoに移行してからは、PCとスマホを共通のURLで表示できるようになり、Googleが求める検索エンジンからの評価(SEO)にも対応が可能になりました。何より大きなメリットはPCサイトとスマホサイトの情報設計自体が分かれているため、レスポンシブデザインでは対応しづらかったスマホ独自の見せ方、遷移、UIなどの実現が可能になったことです」

PCとスマホではユーザーの導線も異なる。スマホでは、スクロールとタッチが基本で画面も小さいため、ボタンの押しやすさや情報どう効率的に見せるかなど、配慮すべき点が数多くあったという。

gomobile flamingo 安住祐一氏 営業本部通販部部長の安住祐一氏
gomobile flamingo ピーチジョン gomobile flamingo ピーチジョン サイズの横に在庫状況が表示される。

i3DESIGNとのチーム開発で
買いたくなるスマホサイトへブラッシュアップ

ボリュームある改善を迅速に行うには、チームでの開発が欠かせなかったという。「2014年度には、コンバージョンポイントを中心に、画面遷移数を減らし、入力フォームへの遷移をシンプルにするなど、どうすればユーザーが快適に買い物できるかを、i3DESIGNとも協議を重ねました。解析データから離脱が多いページを抽出、さらにはページ内の具体的な離脱ポイントまで割り出し、改善に向けた仮説を立てて、“言葉づかい”、“写真の表現”、“ボタンの色”など、さまざまな観点でA/Bテストを繰り返しました。たとえば、PCサイトでは、色を選んでサイズを選ぶと在庫が表示されますが、スクロールを前提としたスマホでは、何度も操作を行った結果、在庫がないと表示される場面もありました。現在では、カラーを選ぶと、サイズの横に在庫が表示されるように改善され、ユーザーがストレス少なく買い物できるようになりました」(安住氏)。

システム開発を担当する前田氏は「ベースとなる改善をi3DESIGNにお願いすることで、希望するUIを実装できる開発の流れを実現することができました。密な関係性があったからこそ、短期間で多くの施策を実装することができたと思います。もっとも改善を行っていた時期は、週2、3個の改善を行い、月2、3回に分けて実装を行うこともできました」と当時の様子を振り返る。

gomobile flamingo ピーチジョン サイズの横に在庫状況が表示される。
gomobile flamingo 前田浩一氏 gomobile flamingo 前田浩一氏 経営管理本部システム管理担当部長の前田浩一氏

PCありきのスマホサイトから
真のスマホファーストへとステップアップ

「スマホからのアクセスは全体の70%を超えています。売上率も60%を超え、70%に迫る勢いです。スマホファーストの意識をWEB部門だけでなく、事業全体で共有するための取り組みを進めています。たとえば、これまではカタログ向けに撮った素材をスマホ向けに流用していましたが、現在はWEBの企画から先行して、そのための素材を撮影してもらうことも増えてきました。LPの制作では、年4回行っていた出稿を、一般的なアパレルと同じように52週での展開にして、ユーザーがお店に買いにいくような感覚で頻繁にチェックして楽しめるようにしました」(安住氏)

「これまではPCサイトありきのスマホサイトでしたが、現在はPCサイトにない機能をスマホサイト独自に盛り込むことができます。小さなカスタマイズであれば、数日内にはリリースできるようなりました。全体的な開発ステップも減りましたし、想定した効果が得られなければ元に戻すという判断もできるようになりました」(前田氏)

gomobile flamingo 前田浩一氏 経営管理本部システム管理担当部長の前田浩一氏

ECサイトを基点に店舗とのコラボレーションなど新しいビジネスの可能性が広がる

「いくらスマホのアクセスが増えているとはいえ、リッチな表現が可能なPCサイトは切り離せませんし、現在の基幹システムのベースはPC向けです。基幹システムをスマホに移行するには多くのリソースが必要ですが、flamingoのおかげで、気軽にスマホだけの施策を行うことができます。中長期でビジネスを考えても、現時点ではフットワークの軽いflamingoがベストな開発環境であるといえます。これまでは、PCサイトの変更を、どうスマホに反映させるかが課題でしたが、flamingoを使うことで、スマホサイトを変更してみて、効果が出た修正分をPCに実装するという逆の流れも生まれつつあります」(安住氏)

今後は、スマホという枠だけに留まらず、全社的なコスト構造やリソースの配分のほか、プローモーション施策やMDと併せて、スマホでの訪問回数や買い物回数を考えていく必要があると安住氏は言う。i3DESIGNとはアプリの開発も行っており、増えつつある店舗との連携など、ユーザーメリットを考えたワンストップでの取り組みがますます増えていくと考えられる。

ピーチジョン様のECサイトに
flamingoが導入されています。

サイトを見る